無料ブログはココログ

リンク

« 本日のゆるゆる ~デルタ 20周年記念フィアットフェスタ参加 | トップページ | 春のおでかけ ~瀬戸内ぶらり2 »

2013/06/12

春のおでかけ ~瀬戸内ぶらり

ここ最近、気分が乗らない関係かブログをすっかり書くのがご無沙汰でした。

個人的時事ネタはちょいとアップしてますけど、旅行記はやっぱり気合入れないとねえ。
ちょいとつぶやくメモであれば、即時性もあってFacebookやmixiで充分ですし、同じ理由でブログ更新が無くなった方も、結構多いのでは?と推察いたしております。

Imgp2852

さてと今回は、3月も半ばのちょっと半端な時期に、これまた「瀬戸内国際芸術祭」開催直前(!)の瀬戸内海に行ってきました。
おかげで人出は少なく、のんびり島々をまわることができました。

新幹線で岡山に入り、以前見逃した展示作品を見て回ろうというだけの、ゆるっとした行程です。


Imgp2803


お昼過ぎに現地へ入ったので、前回かなりきっちり見て回った直島からはじめます。
公共交通機関のみで移動しようと思ったので、島内も自転車移動。

思いの外、島ってアップダウンが多いんですよ。
カミさん、ブーイングなう(苦笑)。


Imgp2799


峠をこえて、宮之浦から本村地区へ。
最初の訪問は、建築フェチならではの「Ando Museum」。
ベネッセのプロジェクトで重要な役割をはたす建築。
それを手がけたのが、建築家安藤忠雄氏です。
そんな氏の建築を体験できるようなつくりに古民家をリノベしたのがこのミュージアム。
こういった解説がつくと、島内の建築の見方も変わるというもんです。


Imgp2806


しばし、海を見つめてぼー…っと。
春ですね。霞が浮遊感を感じさせます。

瀬戸内は穏やかなので、心がおちつくんですよねぇ…

さて、次へ進みます。

Imgp2810


李禹煥美術館」です。
建築を含む大型美術館は、ひとりの芸術家の空間アートを活かすつくりとなっており、その配置もまた見ものです。

屋外にも象徴的なモニュメントはありますが、内部の展示はまた別の意匠をもつ作品となっています。
ネタバレ厳禁、と密かに思ってはおりますケド(謎)。

Imgp2813


こんなレリーフひとつにも、展示箇所の関係で太陽光が効果的にはたらいています。

流れでベネッセミュージアムへ。
丁度展示作品の入れ替え作業中だったのですが、館内の見学ができたので遠慮なく。
大掛かりな展示作品に、これまた大人数が関わって梱包し、搬出し、そして搬入展示して…
普通はみられない光景に、ちょっとにんまりしております。

変なオヤジですが、なにか(笑)。

Imgp2814


丁度喉も渇きました。カフェでお茶など。
ここでも、海を眺めながらぼんやりと過ごし…

Imgp2817


そろそろ、岡山へ渡りましょう。
夕闇迫る宮之浦港を、フェリーで帰ります。

宇野についたらおなじみアラーキー、写真家荒木経惟氏の作品がお出迎え。
Imgp2823


高松では氏のラッピング電車が走っているようなんですが、どんな光景なのか興味ありますね。
また、うどんでも食いに行きがてら見てみたいです。
異様のひとことで片付けられそうなこの作品群、展示場所のサイズから割り出した構図と、拡大して見劣りしない撮影技術は極めてすばらしい。
ぜひ、食い入るようなご鑑賞を(笑)。


Imgp2825


初日も暮れました。またあした。

« 本日のゆるゆる ~デルタ 20周年記念フィアットフェスタ参加 | トップページ | 春のおでかけ ~瀬戸内ぶらり2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32797/57574721

この記事へのトラックバック一覧です: 春のおでかけ ~瀬戸内ぶらり:

« 本日のゆるゆる ~デルタ 20周年記念フィアットフェスタ参加 | トップページ | 春のおでかけ ~瀬戸内ぶらり2 »