無料ブログはココログ

リンク

« 消耗なう(苦笑)。 | トップページ | いぷ日記 ~初整備編 »

2012/04/08

デルタ Reborn! ~ランチアデルタチャンピオンシップ2012

昨年秋に筑波での走行中、タービンブローで入院を余儀なくされ、チャオイタにも出られなかったデルタ@旦那号。
この際だからと手を加えられるところには加えました。
問題のタービンには、中古ながらGT2537を搭載。
ショックも長期休業を利用してのオーバーホール。
マフラーについてもブローしたタービンからのオイルを考慮して、これまた中古ながらOMPの中間とスーパースプリントのテールを新調。
…そしてこの春、目出度く復活いたしました\(^o^)/。
復活後、いきなりの2週間後。

ランチアデルタチャンピオンシップ@富士スピードウェイ 本コース、参戦(爆)。

主治医による車検の直後ということもあり、ブレーキオイルは全面的に信用。エンジンオイルとタイヤだけ取り替えて当日に臨みました。
Pap_0213準備不足感があるときは、せめて時間くらいはきっちり守りましょう。定刻より1時間前にFSW入りして早々に車両の準備を行います。
今回タイヤは温存したかったのでプラクティスは普段履きにしたRE-11Sを使うことに決めていたから、タイヤはとりあえず交換なし。空気圧のみチェックしておきます。
このとき、気温は4℃。路面はきっと、グリップしないでしょうね。
さていよいよ走行1回目。プラクティスです。
恥ずかしい動画は、このリンクをクリック!

まあ回るのも予想できてはいたので、最初からコースの記憶を呼び起こすために走ったようなもの。
にしても、ひどい出来栄えです。
スピンはするわ、コーナーの突っ込みも姿勢ができんわ。
慣らし完了したGTタービンが、仕事できずに泣いております(苦笑)。

とりあえずの走行が終わったあと、予選に向けてタイヤを交換。
新品Sタイヤをここで投入します。TOYOの、プロクセスR888。コンパウンドはGGG。
サーキットだと、通常は熱が入り易過ぎて使わないジムカーナ一発用ですが、温め下手なワシには丁度よいと考えてあえてチョイスします。
サイズもデルタ純正205/50R15。215を買ったつもりが元のまま。この際純正サイズでどこまで攻められるかにも興味があります。
そこで、予選。

グリッドを決められたらヨシのつもりで走行。インラップと1周目で皮をむき、2周目で温め。残りをタイム計測に充てるつもりです。結果は予選終了前2周目でベストタイムを記録。再アタックするまでもなく走行終了。

ベストとは言いながら、25台中の15台目だから結構後ろ。
ま、どうせてっぺんなんか狙えないし、グリッドに並べる資格を得たようなもんです。
ちょっとした打算もあって、スタンディングスタートは得意だから、ちょっとは前に出られるかな?などと思いつつフォーメーションを終えてグリッドへ。
ちょっとフォーメーション中にタイヤを温めようとしたら妙に滑りすぎるな、というのが気になっていたんですが。

で、決勝はこちら(笑)

見事なドンケツから、ぶちきれた追い上げなんてひとりドラマを自作自演しちまいました(^-^;。

にしても、感慨深いですよ。
抜かれることは多々あっても、抜くことが皆無だったデドラの頃から、やっとここまでこれました。
もうちょっと走りこんで、きちんと結果を出したいな、と思います。
とりあえず、コントロールし切れていないリヤの車高調を、あと1センチ下げるところからはじめましょうかね。

次回の走行は、もしかしたら6月のセントラルに行く…かも?

« 消耗なう(苦笑)。 | トップページ | いぷ日記 ~初整備編 »

コメント

いや~、旦那さんのイメージはクールに、そして戦略的に積み上げて、確実に成果を上げるというイメージでしたが・・・今回は少し身近に感じられました。失礼があったらすみません。でも、レースの時にいつも冷静でない自分が恥ずかしいと日頃から思っていましたので、旦那さんも少なからずあるんだな~と。ちょっとホッしちゃいました。(^^;>

6月はユーロカップですか!
どうしようかな・・・・。

背筋はいつも冷や汗クールなコダンナです(^^;。
ユーロカップ、6月はトレーニングなんですよ。タイム気にせず状況確かめられるし、丁度良いかな?と思っております。
遠いし、サイフ次第じゃありますが…。

おっ!待ちに待った FSW記事ですね~ (^O^)

本コースは4点ベルトやロールケージ必須ですかね~?

予選の通過の可否は置いといて、テーマで一度は走ってみたいです…( ̄ー+ ̄)ニヤリ
因みに鈴鹿も!!

今晩帰ったら、動画みてみます(^_^)v

それって去年おんなのこさん指導してモテモテだった頃のやつですか?

kuzuya4さん>
前回のFSWで走ったとき、ケージは入れました。やはり天下のF1コース、ストレートはボロデルタで200キロ。しかも根性のフルブレーキ。
コケたら無事じゃいられませんから(^^;。

桂子さん>
成田モーターランドとセントラルサーキットを一緒にしたら、セントラルに失礼ですぜ(笑)。兵庫まで来る気があったら、ファミリー走行で遊んであげます(爆)。

なんか旦那さん変なスイッチ入っちゃってますね。でも栄養剤に頼らないベストコンディションを整えないとね。ちゃんと回復してくださいな。

決勝で回った時、他車と絡まなくて良かったですね(~~)
トルクロッドのネジなめたのは、この時の衝撃のなせる業かも?

しかし、チャオイタの過去のランチアレースでの多重クラッシュを思い起こさせましたが(@_@)、その後の追い上げは見事V(^^)V...良い思い出になった事でしょうネ。

kuzuya4さん>
クラッシュ、全くですm(__)m。
どう考えても、リヤの挙動が極端過ぎますよね。
対策検討中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32797/54269853

この記事へのトラックバック一覧です: デルタ Reborn! ~ランチアデルタチャンピオンシップ2012:

« 消耗なう(苦笑)。 | トップページ | いぷ日記 ~初整備編 »