無料ブログはココログ

リンク

« 越南旅行記 ニャチャン再訪編3 | トップページ | デルタ日記 ~復活! »

2012/02/08

つけまつけるにおける、音楽的功績とその考察(笑)。

まぁ堅苦しいタイトルですけど、案外このカアイくもどーでも良い曲に思うトコロがありまして。
きゃりーぱみゅぱみゅの歌が耳につくようになって、逆に聴かなくなったのが「韓流」。
ワシは別に国粋主義者でもなんでもないですが、一時の韓流ブームはちと異常と思っておりました。文化は評価すべきモノですが、韓流イケメンやキレイなアンヨが氾濫して、日本製が見事に淘汰されるんじゃないかというコトなんですけど、そこでこのきゃりーぱみゅぱみゅ。
もちろん業界で売り出したいからこそのヘヴィローテーションな訳ですが、売り出し前からきっと「つ~けまつ~けまツケマつけ~」の非常に覚え易い(つーか単純)フレーズがかなりのヒトにインプットされたと思います。
で、あっという間にぱみゅ一色(笑)。既に今年のレコ大新人賞と紅白はキマリだね♪みたいな。
やっぱ、日本語でわかりやすいのは強いワケですよ。マジ、このヘタ○ソ最強w。

同時に関連なく思ったコトは、ボサノバあっという間の衰退論。
日本じゃまだ現役みたいに根強く売れてるボサ、本家ブラジルでは潮が退くように消え失せたのは、きっとボサオタなヒトしか知らないでしょう。
そう、70年代初頭にはもう飽きられていたという衝撃的な事実。
これは実際に歌ってみると解るようですが、簡単そうな曲の数々は意外と複雑だそうです。和音がまず厄介。ジャズの即興並みに音を重ねているのであの音色がでてくる。次にリズム。単純な主旋律はサンバに発するリズムで心地よい流れを生み出してます。最後に歌い方。目の前にいるヒトにだけ囁くように地味に流れていきます。
最初はインパクトあったと思いますが、実際ウケてたのはスノッブな方々ばかり。他の階級の方々はもっとノリノリなサンバや、逆に素朴な民謡系に走ってしまい、中産階級以上の人々が飽きると同時に衰退。事実、MPBと呼ばれるボサ以降のポピュラーには、ボサの影など微塵もない徹底ぶりです。
覚えにくい音楽は受け入れられることがなく、一部のマニア向けになってしまうこの不条理。
今の日本の音楽が難解とは言いませんが、カラオケだってみんな知ってる曲が入ると盛り上がるワケで、きゃりーぱみゅぱみゅのアレはまさに的を得た曲だと思うワケです。
残念ながら歌うプロじゃないきゃりーぱみゅぱみゅが歌うには、簡単なメロディとすぐ覚えられる詩、狭い音域でもそれなりに聞こえる和音とノリが必須。それがたまたま素人の取っつきやすいモノと合致。ヘヴィロテと合わせて大ヒットという構図です。
日本の心は演歌ですってのはまあわかりますけど、あのテクニック満載な音は、今の若人にゃ重すぎ。単純ペラペラなくらいで丁度良いみたいです。実際、ワシが覚えてアタマの中でぱみゅだらけという、あたかも末期的な状況を生み出してます。恐ろしいぞ、きゃりぱみゅ。
しかし、勢いづく音楽業界だって、底が薄いもんばっかり作ってると、それすら飽きられてしまうぞ。今は世紀末的刹那的な状況。聴き手の底上げができることを期待します。
ってナニコレオチのない文章。結局、きゃりぱみゅスゲーって話しじゃん、てコトで。
ちゃんちゃん。

« 越南旅行記 ニャチャン再訪編3 | トップページ | デルタ日記 ~復活! »

コメント

きゃりーぱみゅぱみゅをそもそも知らなかったのでぐぐったあげく、あ、CMの子かと。
名前はともかくだんご3兄弟にマルモリ、覚え易いのは確かに強いしリフもキャッチーであれば耳に残りやすいってなもんですよね。

でも最近はFMで古いのばっか聴いてるもんでそういう事になってるというのはネットでなんとなく知っていても遠い世界のように感じてしまいます(苦笑)

あらま、コチラは朝から晩まであちこちのFM局でツケマ状態にされたあげく洗脳食らった次第(笑)。
単にキャッチーなだけなんですけどね。下手だし(爆)。

FMかあ。原チャでは考えられない。家では最近息子のiPodがトイレの中までやかましい。(奴は自由登校)よってテレビの掛け流しさえしてなかった。世の中すぐとなりに知らないことだらけなんですね。

桂子さん、インフルなんだし、たまにはラジオなんかいかが?もうツケマかかってないけど(^^;。

茨城はねぇ〜地元FMも地元TVもないのぉ〜。ナックファイブは入るけれどFM横浜が入らないのぉ〜(泣)。

きゃりぱみゅすかw
宍戸留美系の地下アイドル系の音出してますよね。
だのでパフュームとかより好きです。
しかしボサノバのブラジルも侮りがたく、ゼロ年代にはCSSを世界に送り出していて、僕は大好きです。
韓流もCSsの変則リズム丸パクリしていましたね。
http://www.youtube.com/watch?v=EolfuznEDBU&feature=related

桂子さん>
radiko.jpってのがあるのよん。おためしあれ。
たなまさん>
どっちかってぇと、パフュームの方が「ルックス的に」好き(爆)。
きゃりぱみゅは、アレンジャーの腕が相当いいんでしょうね。キャッチーなだけじゃなく、イヤでも一回聞いたら耳に残る音作りは確信犯ですよ。
ブラジル、サンバで鍛えたリズム感、ウラのウラなんてレベルとっくに超えて、既についていけません(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32797/53932367

この記事へのトラックバック一覧です: つけまつけるにおける、音楽的功績とその考察(笑)。:

« 越南旅行記 ニャチャン再訪編3 | トップページ | デルタ日記 ~復活! »