無料ブログはココログ

リンク

« デルタ残念 | トップページ | いいオトナ »

2011/03/07

上でも下でも3位は3位

同好の志ががんばってくれたおかげで、今日は思いっきり走ることができました。
富士スピードウェイの本コース走行会。
面白いだけじゃなく、天国と地獄両方を見ることができたのは面白い収穫でした。

それにつけても、前日までセンサー不良による燃調不良を放置したのは我ながら苦笑。
「なんか、インジェクション警告灯が点きっぱなしなんですよね」と某ショップで何気なく話したら
吸気温センサの不良と言った店主、言われるままに部品を持ち帰りつけてみると、あら不思議。
症状が出ないじゃないの。「そのまま走るとエンジン壊すよ」という店主の一言を思い出して、
ゾ~。

そうして迎えた本日。ジムカーナ用コンパウンドのSタイヤで予選まで走り、残り山次第で普段履き
のR1Rにしようと走り出せば、結局Sタイヤで通すことに。
これが、後の悲劇を生むのですよ(^^;。

富士本コース初心者のワシは、プラクティスにも参加。とにかくブレーキングポイントとコースを覚える
のをノルマに参加して、走り出すと…こえ~!
どこ走っていいかわからないうちに、慣れたETCCの方々がバンバン抜いてく。
とりあえず道だけ覚えて帰還。

んで、予選。
エア圧正常、ブレーキ正常。タイヤ温存のため、そこそこクリアラップが取れたら戻る作戦。
まずはライン確認、ブレーキポイント確認。
さてアタックしかけて早いクルマのラインを開けること数回。2周で最大グリップなタイヤには幾分遅い5周目にクリアが取れ、アタック掛けて作戦通り帰還。
結果21番グリッド2分18秒、中の下を確保。始めはここでタイヤを変える予定でしたが、気が変わってそのまま。溝はわずかだけど、圧のデータが取れてる方が有利でしょう。その間にコースは接触事故ありコースアウトありの大荒れ。自分も含め、国際コースに浮足だっている方が多いのが良くわかります。逆に、ある程度自分の冷静さを確保することができました。
(でも、プラクティスと予選の1周目でスピンしたのは内緒)

さて早々に決勝です。
グリッドどおりに整列、順番にコースに入り、フォーメーションラップをしてからグリッドに並びます。
予選からの変更点は、リヤの減衰力を1段低くしてスタビリティ確保したことくらいです。
21番グリッドからは、3分前カードを持ったレースクイーンのお姉さんなんかちっとも見えません。
おかげで、いったいあと何分後にスタートするのか分からぬまんまシグナル点灯。
頭の中では得意のスタートで前を外から料理して…なんて思っていたのですが、あっという間にシグナルがスタートに変わっちゃったのでエンジンの回転を上げておく暇もなし。いきなり失敗。抜かれないように必死にスタートします。
でも、おかげで直後に1コーナーでの大渋滞に巻き込まれずに済みました(笑)。

その渋滞の後遺症で速度の上がらない数台を一気にパスし、速度を乗せていきます。
2コーナーの先にあるコカコーラコーナーが、個人的にスピンの名所ですが、慎重にブレーキング、クリヤします。
続く100Rは我慢のしどころ。へタレを承知で3速5000回転をキープして3分の2過ぎたところで全開、ヘアピンを目指します。その先は300R。多くの車両が膨らむ中、直線的に攻めてダンロップのシケインまでフル加速。ブレーキも我慢してできるだけ前の車との間隔を詰めます。ちなみにここでも数台料理。多くはエボですが、シャシはケタ違いに改良されているものの、内装をストリップした軽い16Vとの差は歴然。自分でもびっくりするくらい抜くことができます。
最後にプラクティスでシミュレーションしたとおり、速度を殺さずプリウスコーナーを立ち上がり、パナソニックを直線的に全開加速して名物メインストレートへ飛び込みます。
前車にくっついて、スタンド半ばからスリップストリーム(のつもり)をでて第1コーナーのブレーキング勝負でパス。
この直線はコダンナ号で最高210キロ以上出した後のフルブレーキング。数週後でブレーキが遅れた挙句ギヤも入らず、大慌てしました(大汗)。
その後再度ダンロップの入り口で、勝手にライバルと目するIWAさんを突っ込み勝負で抜き去り、いよいよその前のコレチオーネが見えてきました。
先頭集団では後方からの追い上げが劇的だったみたいですが、後方集団でも結構がんばってたんですよ、ワシ。
で、パスして引き離し、と思った瞬間例のコカコーラコーナーで突然タイヤのグリップ終了(爆)。姿勢を崩して抜いたばかりのコレチを行かせちゃいました。ハーフスピンで済んだので、追い上げにかかっていったものの、次の周ではまたまた同じところでタコ踊り。後続が大慌てする状況を作っちゃいました。
気がつけば、5台ほど目の前を通過。これが最後の周回だったのですが、燃料が少なくて、タンクの偏りでガス欠症状。どんどん置いていかれたままチェッカー。さすがポポラーレレーシング、ネタはきっちり仕込んでました(爆)。
あとでリザルトを見ると、一瞬抜いていたコレチをそのまま引き離せばクラス3位が確定だった?!それがケツから3位まで一気に後退。これもレースですな。
しかし、上位とは明らかにタイムが違うものの、自分の勝負強さと車の仕上げ方向が間違いないのが証明された非常に得るものの大きいレースでした。
おまけ。なんと、クラスで3番目のファステストラップを記録!3続きという世界のナベアツ(旧っ!)状態。

いや、おかげで非常におもしろいレースができました。
まずは主催者に、そんで見学に見えた多くのギャラリーに感謝。
また走りたいな~。

ちなみに予想通りタイヤは終了。つるっぱげでした。今度走るときは、もうちょっと溝のあるタイヤを持ってきましょう。
で、タイヤをなんにしようなんてタイヤ屋さんに気をとられてたら…ドカン。

お後がよろしいようで。

« デルタ残念 | トップページ | いいオトナ »

コメント

そんなことになってると知らず。お見舞い申し上げます。
明るいところを見ると、いろいろ大事になってないようで安心しました。
こっちのメンバーが押されるくらいですから、相手はちゃんとしたクルマなんでしょうね。
一昨年から大人気の某車に後ろから突っ込むと、こっちのメンバーが押される前に、あっちが半分くらい消えてなくなるという噂も。

旦那さま。
お疲れさまでした。
予選はヘアピン、決勝はメインスタンド前で観ていたので
どこで何かが起こっているのがわからなかったのですが、
みなさん、格闘しながら走っていたんですねぇ。

帰り道の事故、日記を読んでびっくりしました。
双方ともケガはないようで大事に至らなかったのは不幸中の幸いですが。。。
27日、誰に教わろう(そうゆうこっちゃないですね)。

みなさんやさしいから言わないけど某アンドロイドじゃないんだから友人知人親族にまず言う事あるでしょう。びっくりしたんだから。本当に。…ばかもの。

PNたなかさん>
さすがにウワサ通りの年代モノ。衝撃吸収力はこちらの方が上手でした(泣)。
ぱぉ~んさん>
観戦ありがとうございました。成田はスティグが来てくれると思います(爆)。
桂子さん>
ホントにご心配をおかけしてm(__)m。
もう歳なので、無理だけはやっちゃダメですね。気分は30代。ダメじゃん(苦笑)。

成田にスティグ来るんだ~happy01
ってヤッパリみんな見てるんですね。トップギア。

デルタ、早く復活出来ると良いですね。

あ、クラス3位おめでとうございます。
(忘れてた)

masaさん>
めでたかないわい!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32797/51051919

この記事へのトラックバック一覧です: 上でも下でも3位は3位:

« デルタ残念 | トップページ | いいオトナ »