無料ブログはココログ

リンク

« おかしいなあ | トップページ | 春ですね〜 »

2009/03/26

努力の先にあるもの

昨日のことだ。
定時を過ぎた頃、社用の携帯が鳴った。
営業時代の得意先だ。間違えてかけたかな?と思いつつ電話に出ると、内容は、何とトラブル!
2日前、ウチに直送を頼んだ商品がまだ仕事先に届かないらしい。
聞けば、ウチの支店に電話をかけ、ワシの今の部署から出すことになっているらしい。

電話を一旦切り、帰宅間際の事務員を捕まえて直送依頼書をファイルから捜してもらう。
あった。書類は間違いなく来ていて、捜した事務員が手配したのを覚えていた。
じゃあ、次は発送だ。出したら送り状があるはず。見つかれば解決は早い。発送担当者が伝票を作ったことを覚えていて、無事解決、に思えた。

ところが、送り状が無い。貼ったまでは記憶があるが、出してる形跡がないのだ(汗)。
こうなったらやることは、「直接届ける」。すぐに商品をだし、相手先へ向かった。

一時間後、帰宅間際の得意先に無事に商品を届けられた。
電話をくれた方にも連絡して、安心して頂けた。
後で知ったが、電話の方はワシがいま倉庫で働いていることを知らなかったらしい。本当に困ったとき、ワシに電話すれば何とかしてくれると思ったらしい。まさに偶然が重なって解決できたのだ。
実はこの得意先、ほかの営業がいかなかったのをフォローしたのがお付き合いの始まりだった。自分自身は営業成績に悩んで転属させてもらったが、実はちゃんと結果が出ていたのだ。
地道な努力が作った信用関係、本当に有り難かった。
役に立ってよかった。
ちょっと、嬉しかった。

« おかしいなあ | トップページ | 春ですね〜 »

コメント

旦那さんの努力も報われましたね。(^_^)
私も昨年末から、職場の業務と人間関係に悩んできました。昨晩、退職される方の送別会で上司や退職される方から「君が頑張っていることはみんなよくわかってるから」と言われて少し気が楽になりました。結果や成績で計られる世の中ですが、それだけじゃない部分ってのもわかってくれる人がいると、救われた気がします。甘いですかね~。(u_u。)

ワシの座右の銘は「全開」、モットーは「自分の評価は勝手に周りがして下さる」です(爆)。
がむしゃらやって、その結果認められたらその行動は正しいという、かなり荒っぽい基準です。が、これが割とあてになります。
例え評価されなくても、こんだけやったんだからと納得して次へ進めるってもんです。

実は、この春異動ですどんな評価がくるか、恐くもあり楽しみでもありますな(^.^)。

いやこの時期になんかイイ話やないですか!
そういう事ってお仕事するモチベーションをあげてくれますよね(^-^)

いい話しっていうのもそうですが、世の中どこでつながっているか判らんという教訓かな、とも思います。
ヘタに手を抜くと、どこで返ってくるか、みたいな。
やっぱり「全開」です(^^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32797/44468893

この記事へのトラックバック一覧です: 努力の先にあるもの:

« おかしいなあ | トップページ | 春ですね〜 »