無料ブログはココログ

リンク

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/29

居心地の極意

久々に昼ごはんにおいしいものを食べたい、ということになり、洋食屋さんへでかけた。
相鉄線三ツ境駅近くにあるレストランなのだが、行くのはもう1年以上振りになるのだろうか。
居心地のよい店なのだが、もうスタッフも変わっているだろうし店の雰囲気も違っているだろうな、と入り口をくぐった。
出迎えたスタッフは、やはり知らない顔だった。が、席への案内をされるうち、もう知っている店に戻っていた。
スタッフの質が、全く落ちていないのだ。

この店の開業は1986年。ワシが初めて入ったのはその5年後位だろうか。とにかくスタッフのもてなしに感動したのをおぼえている。
どんな料理か質問すると、マニュアルでない、自分の言葉で判り易く説明でき、味や姿が想像できることに驚いた。ワンフロアのスタッフ数は少ないものの、客が呼ぶ前には必ず目が届く気配りのよさ。たった1回の食事で、この店のファンになってしまった。

これだけ長い間スタッフの質が落ちないのは、教育する先輩の意識が常に高いことを意味する。オープニングスタッフの質が良いのは当たり前。代替わりするごとに受け継がれることが少しづつ変わり、数年もすると最初の

もちつもたれつ

最近片づけをしていると、賞品や景品が目に付くようになった。
クルマのイベント関連がほとんどだが、正直我が家にあっても役に立てられずもったいないものばかり。しかも、それぞれ価値があるものばかりだからなおさらだ。

で、この1週間で目に付いたものを配りまくった。
配り先は、いつもお世話になっている関係各者。そこにあるべき、もしくは使ってもらうべきところへ再配分したわけである。
結果、喜んでいただけたようでよかった。

逆に頂いたものも。

Sn390114

クルマの主治医に行ったら、たまたまプラムの木の剪定中。たっぷりついた実ごと枝をおとしていたので、ご相伴にあずかった。

今朝、おかげで隣の実家ともどもたっぷり戴いた。さすがは取りたて。ウマ~。

2008/06/24

しまった

今日の朝ご飯はハムエッグとパン。通勤で何気なく手にしたのが「ハムタマゴパン」。
モロかぶってるし(^^;。

堪え性がない(苦笑)

単車のキャブ、日曜日に晴れ間があったので、速攻で取り付けた。
スロットルワイヤーにも注油して、ホースは総取り替え。
ミクスチャーの調整に若干手こずったが、雨の5分前に作業完了できた(汗)。
ここ2日の様子では、再発はしていない。アイドルも極めて安定している。でも不定愁訴なので、長期モニターは必要かも。
しかし、こういうコトは全く待てないな、ワシは。

2008/06/21

本日の作業

梅雨も本格化して雨模様だが、我が家はそんなときでも単車に依存した生活なので、不調は早期に直したい。
先日のパーツ除去でも改善されなかったスロットル固着だが、キャブのオーバーホールに手をつけることになった。
夜に雨のなかった木曜の夜にキャブを下ろし、問題部位をチェックの上パーツ注文。本日には入荷という流れである。
1.スロットルのピストンに若干当たりが見られた
2.ニードル留めのEリングが、ガバガバで抜ける手前だった
3.スローエア調整ネジのパッキンが欠落(汗)
という問題がみつかった。
これが固着に直結するかはわからないが、まずはOリングとピストン関連の部品交換からスタート。
雨の止み間に組みつけてみて、雨の様子を眺めながら単車にリマウント作業の予定。まだ時間はかかりそうである。

Sn390113

2008/06/16

ある意味単純化

ある意味単純化
ウチの単車はスロットルの戻りがさほど良くない。
雨のときはオートクルーズ状態(汗)。開いたまま固着してしまう。
これが晴れでも起きたから大変。開けたら開けただけ固着するので、信号待ちはシグナルGPよろしく吹けっ放し。喧嘩上等状態だ。
さすがに困って主治医に相談したら、まずは二次エアのチェックから始めようということに。しかし、キャブのインシュレータや本体にはそれらしい場所はない。
で、外したのが写真のパーツ。アクセル全閉のときに、生ガスが流れて排ガスが濃くならないよう、負圧時だけエアをバイパスして薄める「二次エア発生装置」らしい。こいつが開きっぱなしだとアクセル開いたのと同じようになる場合がある.
基本的に走行には不要なパーツだし、取っちゃえ〜となったわけだ。まだ雨が降らないから特定はできないが、そのままにしておこうかと画策中(笑)。要らんもの付けておく必要もないだろう(^^;。
とりあえず様子を見てみよう。

2008/06/14

できないサービス

我が家は共働きなので、平日に家にいることは稀だ。
宅配便も不在票が入ることが多く、大抵再配達して頂く。
今週もポストに不在票が。いつもなら電話で指定するのだか、帰りが遅かったこともあって「24時間受け付ける」時間指定を使った。
木曜日に荷物が来たが、週末の土曜日を指定した。
ところが、金曜日も不在票が。やはり24時間サービスで指示した。
で、土曜日。指定時間ギリギリだが、S急便はやってきた。受け渡しをしながら、金曜日に配達した訳を聞いてみた。彼は何の事か判らない様子。例の24時間受け付けで申込んだことを話すと、「あぁ、そうなんですか」とのたまった。
え?見てないということか。そりゃ金曜日に来るわけだ。知らないんだから。
じゃあ、あの受け付けサービスは何の意味があるんだろう?新手のドッキリカメラじゃあるまいし、全く意味がなかろう。
そんなに信用落としたい程仕事に追われ、お疲れさまです。
ただ、Yahooさん、こんな会社に信用確認書類頼まない方が、おたくの信用落とさないと思う、とだけ言っておく。

2008/06/08

夢に出てきそうな(大汗)

さて、無事にタイヤも交換し終えて帰宅。車を車庫に入れて部屋に入ると、カミさんがワシの足元を見て「何つけてるの?!」と引きつっている。

何って?と自分の足元を見ると、左足にふわふわの何かがびっしりついている。

なんか草の種でも拾ってきたか、と手で払おうとして・・・ワシもひきつった。

そのふわふわ、うじゃうじゃ動いたのである。

よく見るとアメリカシロヒトリの毛虫!!放っておくとどんどんよじ登ってくるではないか。慌てて外へ飛び出し、手近にあったゴキブリ用スプレーを自分の足に噴霧して追い払った。

こんなやつは、まさか車内には存在しない。車庫のそばのどこかにまだいるはず、と探したら、いました。車の脇のツバキの木にびっしり。食欲旺盛で、バリバリ新芽を食べる音がはっきり聞こえる。車から降りたときに、こいつらごと木をズボンでこすりとって来ていたのだ。

で、こいつらにもスプレー一吹き。何とか殲滅には成功した。

ワシの昔からの悪夢の定番は、小さい何かが足からうじゃうじゃ這い上がってきて全身埋め尽くされてしまうというもの。今晩、そんな夢を見てしまいそうである。

いや、怖かった。もう勘弁(苦笑)。

というわけで

待っていられない、ということもあり、なんとタイヤ専門店でNEOVAを購入。大層な大盤振る舞いになってしまった(泣)。

いくら安いとは言いながらもオークションのタイヤを買う気にならなかったのは確か。

でも、今日一日で今期のデルタカップのタイヤは決定。ついでに、だが、富士対策の高温仕様のパッドも今日到着。痛い思いをしたけど、何か吹っ切れたということか。

さあ、これからがたのしみだ!

2008/06/07

商売として、どうなんだろ?

事の善悪がいまひとつ判りかねますが。

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w25245383

http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u25465443

これって、前にワシがつけていたタイヤなんですな。

今のタイヤに交換する際ここの業者に「廃タイヤ廃棄料」を払って処分依頼したやつ。

まあ、買い取ったということで考えれば、あとはどう使おうと自由という考え方なんだろうけど、正直複雑。しかも、最後は屋外保管で直射日光当たりまくり。暖まるどころじゃないと思う。

ちょっとオークションから一歩引いた一瞬だった。

たかがクギ1本(涙)

今週はかなり疲れた。連日仕事が終わると立ち上がりたくないほどの疲労が溜まっていて、電車も自宅も爆睡状態だった。おかげで飲み会でもウーロン「茶」で酔っ払えたくらい(実話)。

でも、今日は今後しばらくない晴れの予報だったので、早起きして峠に向かうつもりだった。

ヤビツの人出が多いので、今回は長尾かな、と思いつつ横浜新道を抜けて保土ヶ谷バイパスに入ってしばらくしたら、何か怪しいバイブレーションが起きてきた。

追い越し車線から一気に走行車線へ動いたと同時に、バイブレーションは激しくなってきた。

コレはパンクだろう。ハザードを出し、路肩をスロー走行。出口が近かったのでヨロヨロ降りたあと、バス停に間借りした。こんなとき、早朝は助かる。まだバスが来る前に1時間あった(苦笑)。

Sn390105

高速でのパンクは、デドラでも経験がある。一気に圧が抜けてバースト状態になるのだが、今回も無理矢理走らせたせいもあってかタイヤはドーナツ状に外れかかっていた。内側のサイドはぱっくり。いや、やばかった。

あとは手馴れたものでスペアへ交換。当然峠はなし。1本だけ違うタイヤを履いての走行はデフを傷めるのでゆっくりと省エネ走行で帰宅した。

最初、どこからエアが漏れたのか判らなかったが、トレッドに頭の取れた釘がざっくり刺さっているのを発見。原因はこいつだ。前回のときは、某一流量販店の取り付けミスによるビード切れが原因だった。ある意味、今回は普通のパンク。でも、結果は同じである(爆)。

しかし困った。今自宅にはスーパーソフトのSタイヤしか代わりがない。こんな時期に履いたら、買い物に行っただけでライフ終了である。思案のしどころ、であろうか。

あれこれ壊れる余波がとうとうデルタにも(汗)。今回はたかがクギ1本での臨時出費となった。財布が太る日は、当分来そうに無い 。梅雨だけに、気分は土砂降りだ(号泣)。

2008/06/02

再びヤビツ一滴

この日曜日、再びヤビツを訪れた。

ペダルのポジションとステアリングの近さを変えてみたので、それの検証とブレーキングの練習が目的だ。ペダルはアクセルだけにスパルコのエクステンションをつけ、ヒール&トウのやり易さを図った。ステアリングは、さらに手前に15mm近くした。

目論見は大体あたり。アクセルに足を乗せやすくなった分、ブレーキペダルの踏力が安定した、ように思える(笑)。ステアリングは、シートから肩が浮かなくなったので、当たりといえるだろう。しかし、ホーンが鳴らなくなったのは誤算であった(^^;。

問題はブレーキ。前回より奥へポイントを換えてみて(怖いよ~)、残し具合を長くしてみた。

イメージは、ターンイン寸前に強めで一発入れた後、抜きながらステアを入れてクリップ越えたら加速。身の程知らずのプロ仕様である(汗)。

で、1つのコーナーでだけ、ソレらしくできた。車速も速めで、これなら戦闘力アップに使えそうだ。

でも、今回は1往復で峠を下りることにした。

理由は、人とクルマの多さ。ヤビツの峠近くに水場があって、名水がわくとの評判のおかげで朝早くからクルマが多く入るようになった。同時に釣りに来る人、ハイカー、その他が6時以前から峠に散在してきている。そんな中に思いっきり突っ込むわけにいかない。事故のリスクが高すぎるのだ。

次回から、ヤビツは使わないようにするつもりだ。

麓のGSで、値上げ前の給油をして家路に着いた。早起きは三文の徳だけど、収穫こんなものってのもめげるなあ。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »