無料ブログはココログ

リンク

« 冷えの都パリ その4 | トップページ | 冷えの都 パリその6 »

2008/02/10

冷えの都 パリ5

だいぶ時間が経っちゃいましたが、気にせず更新~(苦笑)。

現在時間1月2日です。今日はモンマルトルの丘からスタート。
出かける前に、昨日の寒い経験からプロテクターを装着。Pict0229

これ、使い捨てカイロです。首肩が非常に暖かく、いやいや重宝しました。
残念ながらひとり1組しかもっていなかったんですが。

またまたメトロに乗って、ちょっと遠回り。abbesses駅から歩き始めます。
Pict0235
メトロの駅入り口はパリ万博時のアールヌーヴォーデザインが生きているんですが、屋根まできれいに残っているのはここともう一箇所だけ。
ここへ上がる階段は、上から下まで壁画がびっしり。ただ、楽しいけど長い階段が疲れました(^ー^;。

Pict0238
ギャレットの風車です。いや、そのギャレットじゃなくて(謎)。
その先のラデの風車ともどもルノワールが描いたそうですが、そんな風景が残っているパリ、すごいです。
Pict0264
ちなみにこれは、有名なキャバレー「ムーランルージュ」。丘のふもとにあります。年末年始は10万円払わないと入れないようです。カミさんはお気に召さないようなので行きませんでした。

Pict0240Pict0242

そんな歴史のある街だから?古い車が絵になります。

Pict0244壁抜け男のモニュメント。でもここ、そんなに人が来てないような・・・?
ひと気がないのは当然かも。フル充電のデジカメのバッテリーが、寒さで5分ともたないのです。仕方ない、バッテリー用に使い捨てカイロをひとつ開けて暖めながら交換しました。人間はさっきの「プロテクター」で何とかしのいでます。そんな寒い丘の上、人なんていないよなと歩いていくと・・・・
Pict0246

あらいっぱい。絵描きさんたちです。自分の絵を売ったり似顔絵を描いたり。ナンパよろしく「マダ~ム」と寄ってきます。旦那にゃ見向きもせず。当然ですな(苦笑)。

バスもあったのですが、何となく歩いているうちに頂上のサクレクール寺院へ到着。Pict0257

冬の澄んだ青空に、白いドームが映えます。門前には観光客だけじゃなくこんな人も。
Pict0254
お金を入れると、動いてくれます。寒いのによくやりますね~。

観光タクシーもこんな感じ。逆に、市内じゃあまり見なかったです。Pict0252

そろそろ丘を下ります。サクレクール寺院前の階段を下りて、裏道へ入ります。Pict0258

Pict0259しかし、こんな街には猫が似合いますな。Pict0261

ここは「アメリ」の八百屋さんです。実在する食料品店です。前の雪ん子みたいの、誰?Pict0262


ここから丘を下りていくと、途中にはお昼の準備中のカフェが。歩いたし、寒いしでお腹が空いてきます。
で、大晦日のお昼に振られた店に再挑戦!メトロでちょっと、セーヌ川の向こうまで移動。
この店に行きます。Pict0265
ちょっと美味しいと言われているので、是非とも行きたかったのです。で、食べたのは、
Pict0266Pict0267_2
まずは冷えた体を温めたいので栗のスープと海老のビスク。濃厚でたっぷり。栗は香りがありますが甘くなくなかなかです。
Pict0268Pict0269

この際だから、しっかり食べないと(苦笑)。メインは豚バラ(コション)のローストと子羊のローストクスクス添え。
クスクスってお腹に溜まるんですよね。コションはとろりとした食感、子羊の香りも香ばしく、噂どおりの美味しさです。
この際だからコーヒーとデセールも行っちゃいましょう(笑)。
Pict0271Pict0272

タルトタタンです。やっぱり暖かいもの(微笑)。カフェにもヌガーがついてます。

ただ、問題なのは・・・

Pict0275

食べていたの、この左端。寒いのにテラス席だったんです(泣)。中は大人数向けなので仕方なし。ヒーターが上から暖めてくれるんですが、足は無し。ひざ掛けを配ってくれるんですが、あいにく枚数も間に合わず。
そんな環境でも並んで食べる価値のある店です。
ヒントは、最初のワイングラスにあり。ぜひ行ってみてください!

あ~ちょっと食べ過ぎたので、午後はちょっと休んでから。ではまた今度!

« 冷えの都パリ その4 | トップページ | 冷えの都 パリその6 »

コメント

あまりの羨ましさのために「パリ·ジュテーム」という映画のDVDを借りて観ました。パリの各所を舞台にした5分位の短篇集で合計2時間。
「ここにも行ったね」とか言いながら観るとイイかも。面白いしオススメっすよ。

ちょっと検索してみたんですが、なかなか面白そうですね。
旅行に行くときは、観光名所にこだわらない「街歩き」が念頭にあるので、同じ気持ちで見られるかも。
パリ、ジュテーム、そしてアメリはもう一度見たいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32797/40079330

この記事へのトラックバック一覧です: 冷えの都 パリ5:

« 冷えの都パリ その4 | トップページ | 冷えの都 パリその6 »