無料ブログはココログ

リンク

« 冬の最中に湯沸かしが | トップページ | 冷えの都 パリその8 »

2008/02/24

冷えの都パリ その7

いよいよパリもあと一日半。早くから動きます!
が、あいにくの雨(涙)。めげずに散歩に向かいます。
Pict0307

今日は1月3日。あちこちでもみの木の葉っぱが落ちているな~と思ったら、この日に一斉にお片づけだそうです。ですので、こんなクルマも見ました。Pict0311

さて最初の目的地。アメリの水切りシーンに使ったサンマルタン運河です。
Pict0315 Pict0316 Pict0317_2

そりゃ出勤時間前くらい。人もいないわ店も開かんわ。逆に静かで雰囲気はありました。寒いけど(苦笑)。

さて、歩いているうちに、またまた壁抜け男発見(笑)。Pict0318
顔だけあったとこに、誰かいたずら書き。元は体もあったのかな?

足を伸ばして、ノートルダム寺院へ。Pict0320_2
きれいでしょ?ここはまだツリーが残ってました。
Pict0329_2
中から見るステンドグラスも重厚かつ荘厳。

ところで、この建物は外から見るとこんな感じだそうで。Pict0326_2

外の回廊には石の鬼さんたち(ガルゴイユ)がいるそうなので、是非見たい!と並んでみることにしましたがPict0332_2え、1時間待ちなの?寒いので根性のない我々としましては、
Pict0333外だけで我慢我慢。いい季節に来たいです。

同じく我慢のレストラン。ここ内臓が美味しいらしいんですが(泣)。Pict0334

ということはお腹も空いたということです。お昼に予約した店へ。Pict0341
ポンヌフのそばの店、某星つきの店のセカンド店です。
入ると人通りの激しい通路沿いに席を通されました。他に空席は多数!移らせてもらってワシはスコッチで一息。Pict0342_2 Pict0343 Pict0344

テリーヌと野菜のマリネ。特に特筆すべきところがないような?ムニュ(定食)だからかな?
Pict0345 栗とフォアグラのスープですが、これも昨日のほうが美味しいような?

Pict0348
ステーキも、焼き方を全く聞かれなかったような?

Pict0349 Pict0350
デセールは桃のジュースにチーズアイスが乗っていた、らしいのと、アップルクランブルの冷めたもの。なんか、温度が逆じゃない?

コーヒーがついていたようですが、高級をうたう店の割りに料理もサービスも興ざめなので出ることに。が、勘定を済ませてしばらく待っても預けたコートが出てこない?
ここまでくると、腹が立ってきます。自分でコートを取りにいき、さっさと店を出ました。
グラスワイン頼んだのにボトルは持ってくるし、ムニュのリストも出さないし。それが高級ってものなんでしょうか?残念ながら、ここのファースト店も興味がなくなりました。

まあ、午後にはまだ予定があります。気を取り直していきましょう。
Pict0354 Pict0355
オランジュリー美術館。モネの睡蓮が有名です。最近テレビでも紹介されたので、ご覧になった方もいるのでは?昔来たことがあったのですが、是非もう一度と思いやってきました。
時期のせいか、人が多かったのが残念。ゆっくり見られませんでしたがいい絵でした。

あとは名所見物。
Pict0351 Pict0360
コンコルド広場とアレクサンドル3世橋&アンヴァリッド。美しい景色を見たので、さっきの気分もだいぶおさまりました。
このあと、最近のパリ土産の定番?エシレバターとチーズをギャラリーラファイエットで購入。
これも冬の定番の焼き栗も買って路上でぱくぱく。皮を道端に、パリジャンに倣ってポイ。いけません、といいつつ気分はローカル(バカ)。Pict0363
一旦ホテルに戻り厳重にチーズを袋詰め。なんせシェーブル。匂いが大変ですから(汗)。

とうとう最後の夜!どうしてもエッフェル塔の定時のライトアップが見たいとカミさんがリクエストするので、塔の近くまで出かけます。陸軍士官学校の辺りからが地図ではベスト。
RERで向かいます。Pict0368

Pict0383_3
静止画だとあまりよく分かりませんね(苦笑)。塔全体がきらきらと、それは綺麗な眺めでした。
そして最後の晩餐。最初の晩御飯と一緒で飛び込みですが、これがなかなか。
Pict0387 Pict0388
前菜はエスカルゴときのこのロースト。
メインはウサギのローストと、カフェの定番ステークフリット。
Pict0389 Pict0390

いや、いい味でした。結構お腹がいっぱいですが、せっかくだからクレープをデセールに。ヘーゼルナッツチョコ入りです。Pict0391

実は、ここの一番のお勧めはウエイター。全部のテーブルに目が行き届き、初めての客にも地元の常連にも分け隔てなく対応するこなしが心地よかったです。

ホテルへは、メトロを使わずバスで帰りました。
昼に歩いた辺りを、誰もいない夜に走りながら眺めて戻りました。
景色が見えるから、バスはたのしいですね。

さて、やっと次回で最終日です。
思い出いっぱいの夜も遅いので、今夜はこれでおやすみなさい。

« 冬の最中に湯沸かしが | トップページ | 冷えの都 パリその8 »

コメント

最終日の記事も楽しみです。
このサイトで、パリをCooperSで走れますよ↑
(ファムーファタールって映画かな?)

URL出なかったので再投稿
コレです→http://www.the-passenger.com/

パリはやっぱりエンターテイメントの素材として注目され続けているんですね(^-^)。今日、帰ったら早速チェックします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32797/40249619

この記事へのトラックバック一覧です: 冷えの都パリ その7:

« 冬の最中に湯沸かしが | トップページ | 冷えの都 パリその8 »