無料ブログはココログ

リンク

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/27

大器晩成?

随分と昔から持っている茶色の革靴がある。ウイングチップが気に入って買ったのは12年位前か、もう忘れるほど前。
ただ、作りがしっかりしているからか、馴染みが悪く、革が固くて当たりが痛い。営業暮らしの頃は脱ぎ履きが固くて難儀もしたし、いつの間にか履く機会が減って、下駄箱の肥やしになっていた。
そうこうするうち、手持ちの靴が大分傷んで減ってきた。履きやすいモノを底の貼り替えなどしながら使っていたら、アッパーがダメになったのだ。
買い替えを考えながら下駄箱を覗いたら、オイルも切れたカチカチのウイングチップを思いだした。
モノは試しである。手持ちのミンクオイルを2週間くらいかけて何度も塗り込んで、暫く履いてみた。
オイルの効果か、だんだんと靴が馴染んできた。買った当初から泣きクセのあった底も、いつの間にか鳴りを潜めた。全くの新品ではないからインナーが痩せたりしているが、割と最近のお気に入りとなったのだ。
手入れ次第とは思うが、靴にも大器晩成型や早熟型があるらしい。ちょっと面白い発見である。

2007/11/23

ランチアランチ当日

いよいよイベントスタートです!(って、一週間前じゃん(^^;)。
WRCチャンプのマッシモビアジオンが来場した前回と比べ、今回はまったり感がある内容だったが、それでもオーストリアのランチアクラブよりお客様がみえたり、
Pict0283_4

つい数年前まで日本にいなかった、ラムダ(未だに100キロ超で巡航できる最初期のランチア!)が3台も

Pict0289_4


Pict0290_5


Pict0306_4


参加したりとかなりの内容。

車種別には、ベータモンテカルロオーナーである先のお客様に関連し、ベータ系が多く参加。
Pict0288_3


ジムカーナは、初めての方でも楽しめたようで、何度も走る方も出るほど。
決められた時間通りに走る競技だったので、スピードに抵抗のある人でも楽しめたのだと思う。
コースは当日公開、完熟歩行があるなどと内容は本気のジムカーナそのもの。

Pict0285_2
Pict0286_3


いよいよ競技スタート!
こんなクルマやPict0294_2


Pict0296


Pict0298


こんなクルマだけじゃなく、
フラミニアやフルヴィアなどクラシコ系や、カッパ、ムーザなどの普通のヌォヴォ系ランチアも参戦。
Pict0299_2


もちろんベータ系も。
チョイ悪モンテ。デルタのホイールがいい味。
Pict0292_2


ランチ名物(?)、かなりやる気のモンテ。オーナーのこだわり満載。
Pict0293_2


これは超本気のベータ。耐久レース用に仕立てたもので、このクルマだけは最速タイムを耐久メンバー間で「別競技」。
Pict0295_2


中にはこんな「クルマ」も(笑)。これも、一応ランチアだったりする。

Pict0309_2

この日は木枯らし一号が吹いたそうで非常に風の強い一日だったが、事故も無く無事終了。
来年はどんなランチになるのか、今から楽しみ。

ちなみに当日のギャラリーと思われる、離れた駐車場のひとコマ。
Pict0301


Pict0302

シトロエンBXのBカーが来ていました!
Pict0303


では、また来年のランチまで!
Pict0311


2007/11/18

快晴!

快晴!
準備ちう。80台参加予定です。

2007/11/17

現在二次会で

現在二次会で
盛り上がっております。ワシもヨパラ〜イです(苦笑)。

くじ引きで

くじ引きで
ゲトしますた?

ランチ前夜祭

ランチ前夜祭
まもなく開場〜!

ランチアランチ前日

ランチアランチ前日
ただいま準備中〜。

2007/11/14

続、デルタ三昧トラブル三昧

前回何故か尻切れになってたので、続編アップ〜。

サージタンクの吸気温センサーを回したとき、グニャッという嫌な感触があった。ヤバい雰囲気だが今更遅い(汗)。とにかく外すと途中でセンサーのネジがねじ切れた(滝汗)。どうやら元々クラックがあったらしい。二次エア吸っていたのはここか、と安心している場合じゃない。この部品、二度と使えないのだ。当然スペアは無い。仕方ない、有物のネジでセンサー孔を塞いで負圧だけ確保。さて吸気温は?それは後で考えよう(爆)。
こんなトラブルに見舞われたため、キセノンキットの取り付け完了時には夜7時過ぎ。もうやっつけ仕事である(泣)。とは言うものの、非常に明るい光を見ると、苦労が吹き飛ぶ。
さて、センサー直してクルマが動くのはいつのことやら(苦笑)。

とりあえず、抵抗値で制御してるらしいので、固定抵抗でも噛ましごまかしてみよう(爆)。

2007/11/12

デルタ三昧トラブル三昧

デルタ三昧トラブル三昧
日曜日は予報に反して雨が降らなかったので、外出予定がなかった分デルタをいじりたおした。
某所でアップしたキセノンバルブの取り付けと、負圧ホースの引き直し、オークションで落札したタワーバーのフィッティングをまとめて敢行。かなり無謀な計画である(^^;。
まずはキセノンの取り付けだが、ちょっと古い機種なので部品が大きく加工が必要。燃料フィルターを撤去して場所を空ける事にした。あかはちでもやった作業なので、すんなり完了。ちょうど場所も空いたしタイミング良くタワーバーも着いたので試しに装着してみる。確かに当たる。ボンネットのプラスチックの内張りに干渉している。じゃあ加工という事でパーツを外したり取り付けたり。おかげで干渉はなくなったが、溶接不足が見つかったり色が今ひとつだったりと、本締めには至らず。
で、時刻は既に夕方だが、負圧ホースの引き直しに取り掛かった。かなり三又で分岐しまくっていたのを手直ししたが、いまいちな数値。漏れそうな箇所を増し締めしている時に最大のトラブルが発生した。
サー

2007/11/07

靴下穴だらけ

半年前までの営業暮らしから物流業界へ社内転職をしたら、明らかな変化がふたつ。ひとつは体重がいきなり10キロ減ったこと。
ダイエットに悩む方々には目玉情報だが、本題はもうひとつの「靴下の穴」。
なにしろ片っ端から穴があいてしまう。最初は立ち仕事のせいと思っていたが、傾向があるのに気がついた。
明らかに、安いものからダメになるのだ。大した差は無いが、値の張るものは薄くすらなっていない。
ここ最近、どうせ消耗品だからと爆安品を買っていたのだが、本当に目論見通りに早く消耗してしまった。まさに「安物買いの銭失い」をやったコトになる(^^;。
いいものを安く享受してきた日本だが、中国製の輸入品の品質問題に端を発してカウンターを食らっている。近年買った時計や家電がことごとく壊れるし、品質のトヨタがリコール続きになったときは、コストダウンの弊害を身近に実感させられた。
もう、昔のようには庶民が高品質を手に入れられないのだろうか。安いモノしか買えない層は増えているのに、安価なモノは結局高価くつく状況をどう考えればよいのだろう?
ゴミ箱の山になる靴下の穴からは、残念ながら明るい未来は見えなかった。

2007/11/05

まだまだ11月だってのに

先週末から一斉に始まったクリスマスデコレーション。さすがに気分が全く出ません(^^;。
なんだか1年中クリスマスみたいで、当日疲れて寝ちゃいそうだ。
まぁ、楽しそうでイイけどねぇ。071102_215901.3gpをダウンロード

ベーグル親子

ベーグル親子
先週の金曜日、吉祥寺の書店で知人が月に一度だけ開いているスナック兼雑貨屋に行ってきた。
ビール飲んで帰るつもりが、最近あれこれ買って帰ることが増えた。というわけで、今回はベーグル。手作りで多少小さいが、割とモチモチ感はしっかり。たまたま北欧で買った普通サイズのベーグルと親子で撮ってみた。
どっちかというと、鏡餅だな(苦笑)。

2007/11/01

秋も深まり

ついこの間まで我が家の雑草にいたショウリョウバッタが、気付いたら姿を潜め、鈴虫の合唱も静かになってきました。異常気象と言われつつ、季節は変わっていくのですね。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »